ココナッツオイル

ココナッツオイルのOKな使い方&NGな使い方

ココナッツオイルは、寒い時期は固まってしまったり、別の液体や
不純物が混ざると劣化してしまったり、ココナッツオイルは、
OKな使い方とNGな使い方があります。
ココナッツオイルの使い方をきちんと守ると長持ちするので、
気を付けて使うようにしましょう。

ココナッツオイルOKな使い方

●湯煎は40~50℃
お風呂より熱いくらいのお湯で簡単に溶けますが、
溶かす時に水が入らないように注意しましょう。

●常温保存OK
常温保存でも酸化しにくく、溶けたり固まったりを
繰り返しても劣化しないので大丈夫。
暑い夏場でも冷蔵庫に入れず常温保存が可能。

●2年間常温OK
ココナッツオイルは常温に置いたままで、製造から
2年程度が賞味期限。
開封済みの場合は、1年以内に使い切るのがベター。

●白い粒々はOK
白い粒が液体オイルに浮き出ているときは、オイルが
溶けたり固まったりしている途中段階ということなので、
問題なく使えます。

●加熱は170℃までOK
ココナッツオイルは加熱しても酸化しにくいので、炒め油や
揚げ油にオススメ。
風味を損なわないよう、170℃を目安にしましょう。

ココナッツオイルNGな使い方

●排水口に流すのはNG
オイルを排水口にそのまま流すと、こびりついてぬるぬる
することがあります。
キッチンペーパーなどで拭いてから捨てましょう。

●オイルプリングを洗面台へ流すのはNG
オイルプリングで使ったオイルは、洗面に吐き出さないで、
ティッシュやポリ袋に吐き出してゴミ箱に捨てるのがエコ。

●水分はNG
オイルと水が混ざると、雑菌が繁殖する恐れがあります。
また、一度なめたスプーンを、再びオイルに入れるのも
やめましょう。

●電子レンジはNG
寒い時期、固体化しても電子レンジで温めるのはやめましょう。
引火したり、やけどしたりする場合があるので危険!

●揚げ物はNG
バージンオイルは酸化しにくいオイルですが、加熱しすぎはNG。
170℃以下で使用するようにしましょう。
少量のオイルを低温で使用する「揚げ焼き」ならOK。

関連記事

  1. ココナッツオイルの使い方&コスメレシピ 美容編~肌・顔…

おすすめ記事

インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方

インカインチオイルは、南米のアマゾンの熱帯雨林に育つインカインチの緑色の種子から抽出されたオメガ3系…

アボカドオイルは飲む美容液!健康・ダイエットにも効く効果・効能

アボカドオイルはミネラルやファイトケミカルが豊富で、女性ファンが多いアボカドの豊富な栄養素を効率的に摂取できるオイルとして人気。 抗酸化作用が抜群なので、美容効果もばっちり期待できます。 最近では、飲む美容液として女性に大人気です。 また、味にくせがないので、デザートやお肉料理など幅広い調理に使えます。

この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果

2016年3月13日のこの差って何ですか?で、病気を予防する効果があるオリーブオイルとエゴマ油が紹介されていました。 そして、今注目されている油が「マカダミアナッツオイル」。

ココナッツオイルの使い方&コスメレシピ 美容編~肌・顔・髪

ココナッツオイルの使い方は無限大!肌や髪のケアとして、UVケア、マッサージ、メイク落とし、ヘ…

ココナッツオイルのラウリン酸とケトン体の効果・効能とは?

ココナッツオイルを摂取することは、美容にとっても健康にとっても効果的ですが、その理由は、ココナッ…

ボタニカルオイルミックス

ピックアップ記事

オメガ6系のオイル

酵水素328選

ビューティーオイル

万能薬&若返りオイルとしてタヒチでは常備!タマヌオイルの効果・効能

タマヌオイルが今、美容家の間で話題の凄いオイルらしい・・・。 美容家の間で話題ということは、美容の効果がすごい!からですよね。 しかも、美容にストイックな道端ジェシカさんがすでに愛用しているというので、ますます気になります。 そんな気になるタマヌオイルの効果や効能をご紹介します。

スーパーフード特集

定番オイル

大人気オイル

  1. アボカドオイルは飲む美容液!健康・ダイエットにも効く効果・効能
  2. ココナッツオイルのラウリン酸とケトン体の効果・効能とは?
  3. この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果
PAGE TOP