エゴマ油

バイキング!認知症予防に効くえごま油の正しい食べ方・摂取量・時間帯

2015年11月17日フジテレビ バイキングは、油ドクター、井上浩義教授が教える認知症予防に効くえごま油の正しい食べ方。
現在462万人が発症する国民病が「認知症」。
脳のサビつきを防止する最強食材がオメガ3の「えごま油」ですが、使い方を間違えると体に毒となるとのこと。

バイキング えごま油

脳の老化=酸化(サビつき)で、認知症は18歳から進行が始まるそう。
脳の成分の60%は油で出来ているので、新鮮で良い油を摂ると脳の神経細胞が強くなります。
えごま油は、脳細胞を活性化させる「α-リノレン酸」が入った油で、α-リノレン酸は体内でDHAやEPAに変化します。
DHAやEPAは、血流を良くし、弱った脳の神経細胞を刺激して死滅を防ぎます。
えごま油は、α-リノレン酸の含有率が他の油と比べて断トツ多いのが特徴。

バイキング えごま油

えごま油を食べる効果的な時間帯

脳のサビつき防止に効果的なのは、夜よりも朝。
酸化が進む朝にえごま油を摂るのがオススメですが、夜に活動することが多い人は夜に摂っても大丈夫。
えごま油は毎日摂取する方が良いので、朝に摂り忘れた場合夜に摂ってもOK。
初期の認知症の場合、毎日えごま油を摂取することで改善することがあるとのこと。

●えごま油の摂取量
脳のサビつき防止に効果的なのは、小さじ1杯(5g)。

バイキング えごま油

えごま油と一緒に食べると効果的な食材

脳のサビつき防止に効果的なのは、卵。
脳の60%は油、残りの40%はタンパク質でできています。
そのため、油と一緒にタンパク質を摂ることは栄養的にとても優れているそう。

バイキング えごま油

えごま油と卵の調理法は、「たまごかけごはん」。
えごま油は加熱に弱く、100℃以上加熱すると過酸化脂質になり体に毒となります。

関連記事

  1. 【バイキング】南雲吉則流10歳若返り法!えごま油&ごぼ…

おすすめ記事

インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方

インカインチオイルは、南米のアマゾンの熱帯雨林に育つインカインチの緑色の種子から抽出されたオメガ3系…

アボカドオイルは飲む美容液!健康・ダイエットにも効く効果・効能

アボカドオイルはミネラルやファイトケミカルが豊富で、女性ファンが多いアボカドの豊富な栄養素を効率的に摂取できるオイルとして人気。 抗酸化作用が抜群なので、美容効果もばっちり期待できます。 最近では、飲む美容液として女性に大人気です。 また、味にくせがないので、デザートやお肉料理など幅広い調理に使えます。

この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果

2016年3月13日のこの差って何ですか?で、病気を予防する効果があるオリーブオイルとエゴマ油が紹介されていました。 そして、今注目されている油が「マカダミアナッツオイル」。

ココナッツオイルの使い方&コスメレシピ 美容編~肌・顔・髪

ココナッツオイルの使い方は無限大!肌や髪のケアとして、UVケア、マッサージ、メイク落とし、ヘ…

ココナッツオイルのラウリン酸とケトン体の効果・効能とは?

ココナッツオイルを摂取することは、美容にとっても健康にとっても効果的ですが、その理由は、ココナッ…

ビューティボタニカル

ピックアップ記事

オメガ6系のオイル

酵水素328選

ビューティーオイル

万能薬&若返りオイルとしてタヒチでは常備!タマヌオイルの効果・効能

タマヌオイルが今、美容家の間で話題の凄いオイルらしい・・・。 美容家の間で話題ということは、美容の効果がすごい!からですよね。 しかも、美容にストイックな道端ジェシカさんがすでに愛用しているというので、ますます気になります。 そんな気になるタマヌオイルの効果や効能をご紹介します。

スーパーフード特集

定番オイル

大人気オイル

  1. この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果
  2. アボカドオイルは飲む美容液!健康・ダイエットにも効く効果・効能
  3. インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方
PAGE TOP