トランス脂肪酸

  1. トランス脂肪酸を含むマーガリン・ショートニングが危険な理由

    トランス脂肪酸を最も多く含むマーガリンは、世界各国で摂取基準や規制が設けられているほど危険な食品として認識されています。 制限がない日本では「マーガリン」は、多くの家庭の食卓にも普通に並び、外食やファストフードなどでもトランス脂肪酸が含まれている食品を食べる機会が多いもの。 こんなに世に溢れているのに、なぜマーガリンやショートニングを食べると危険なのでしょうか?

PAGE TOP