トランス脂肪酸

トランス脂肪酸を含むマーガリン・ショートニングが危険な理由

トランス脂肪酸を最も多く含むマーガリンは、世界各国で摂取基準や規制が設けられているほど危険な食品として認識されています。
制限がない日本では「マーガリン」は、多くの家庭の食卓にも普通に並び、外食やファストフードなどでもトランス脂肪酸が含まれている食品を食べる機会が多いもの。
こんなに世に溢れているのに、なぜマーガリンやショートニングを食べると危険なのでしょうか?

magarin

マーガリンを食べたら危険な理由

マーガリンはトランス脂肪酸を最も多く含んでおり、健康被害をもたらす食品として危惧されています。
トランス脂肪酸を多量に含む日本のマーガリンは、欧米で輸入が禁止されているほど・・・。
それほどまでにマーガリンが拒まれる理由はいったい何なのか気になりますよね。

それは、マーガリンの分子がプラスチックの分子とほとんど差がないため、マーガリンは「プラスチック食品」と呼ばれているから。

えっ?私たちは今までプラスチックを食べていたの?
と耳を疑いたくなるような話。

マーガリンの原料はサラダ油ですが、サラダ油は液体のため、水素を添加して固形にします。
この水素の添加がトランス脂肪酸を生成し、酸化しにくく長期保存が可能なマーガリンになるのです。

フレッド・ローのマーガリン大実験

マーガリン トランス脂肪酸
参照:http://holisticfaith.com/healthy-living/are-ants-smarter-than-humans/

この実験は、マーガリンとバターをお皿にのせて、虫が寄ってくるかを調べた実験です。
バターには、ありが大量に寄ってきてますが、マーガリンには1~2匹しか寄ってきていませんよね・・・。
この後、バターにはカビが生えましたが、マーガリンには虫が寄らず、2年が経過してもカビが生えなかったとのこと。

実に恐ろしい実験結果・・・。
ありが「食品」として認識していないマーガリンを、私たちは今まで平然と口に入れていたということになります。

ショートニングも危険!

ショートニングは、マーガリンから水分と添加物を除いてクリーム状にしたもの。
なので、ショートニングにも当然大量のトランス脂肪酸が含まれています。

ショートニングを直接食べるということはないと思いますが、ショートニングを練り込んで作られるクッキー、ビスケット、パン製品、ケーキなどから、私たちは知らず知らずのうちに口にしています。
さらに、ショートニングを揚げ油にして作られるドーナッツ、ポテトフライ、鳥の唐揚げなどの揚げ物もお惣菜や外食などで頻繁に口にしますよね。

トランス脂肪酸の摂取制限をしている国

カナダ
包装された食品にトランス脂肪酸の表示を最初に義務付けたのがカナダ。
食品中のトランス脂肪酸の含有量にも制限をかけています。

アメリカ
全ての加工食品に栄養成分、トランス脂肪酸含有量の表示を義務化。
アメリカ食品医薬品局が、2018年以降、食品へのトランス脂肪酸の含有を全面禁止すると発表しました。

デンマーク
全ての商品において油脂100gあたり、トランス脂肪酸の総量は2gを超えてはならないと規制した世界初の国。
1g未満の場合は、トランス脂肪酸フリーと表示が可能です。

スイス
食用植物油脂100gあたり、トランス脂肪酸の総量は2gを超えてはならないと規制。
スイスはデンマークに次いで世界で2番目に規制をかけました。

フランス
総エネルギー摂取量に占めるトランス脂肪酸の摂取量を2%未満とすることを推奨。

オーストリア
トランス脂肪酸が100gあたり2g以上の油脂の国内流通を禁止しています。
加工食品などは、トランス脂肪酸の最大許容含有量を全脂肪100gあたり4gまでに規制しています。

韓国
食品にトランス脂肪酸含有量の表示を義務化。
中国・台湾・香港も表示を義務化していますが、それぞれ基準値に差があります。

シンガポール
包装容器入り食用油脂には、2%を超えるトランス脂肪酸を含んではいけないとしています。
食用油脂の包装には、トランス脂肪酸を含む栄養成分表示も義務化しています。

日本はなぜ規制しないの?

世界各国が軒並みトランス脂肪酸の摂取を制限している中、日本はなぜ規制しないのでしょうか?

WHOの基準では、トランス脂肪酸の摂取量は「1日当たりの摂取エネルギー量の1%未満」。
日本人の1日当たりのトランス脂肪酸平均摂取量は、女性が1.7g(摂取エネルギーの0.8%)、男性が1.7g(摂取エネルギーの0.7%)で、WHOの基準を満たしています。

そう!日本人はそもそもトランス脂肪酸の摂取量が少ないから・・・ということで、諸外国のような規制がされていないのです。

しかし、女性の24%、男性の5.7%はWHOの基準以上のトランス脂肪酸を摂取している報告もあります。
女性の方が多いのは、トランス脂肪酸が多く含まれる菓子類を食べることが多いから。
ドーナツ・クッキー・ビスケット・ケーキなんかは女性の大好物ですもんね・・・。

この菓子類は、製品によってトランス脂肪酸の含有量がかなり違ってくるので、日本人が一概にトランス脂肪酸の摂取量が低いとは言えないのも事実。
トランス脂肪酸が多量に含まれているお菓子を毎日食べる人と、お菓子類をほとんど食べない人と比べると、トランス脂肪酸の摂取量の違いは明らかです。

トランス脂肪酸含有の食品が諸外国より溢れている日本こそ、摂取規制が必要なのではないか?と思ってやまない今日この頃です。
せめて、食品にトランス脂肪酸の明記を義務化するべきでは?と思うのですが、明記が義務化されると「もう売れない」食品がたくさん出てくるのも否めません・・・。

おすすめ記事

インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方

インカインチオイルは、南米のアマゾンの熱帯雨林に育つインカインチの緑色の種子から抽出されたオメガ3系…

アボカドオイルは飲む美容液!健康・ダイエットにも効く効果・効能

アボカドオイルはミネラルやファイトケミカルが豊富で、女性ファンが多いアボカドの豊富な栄養素を効率的に摂取できるオイルとして人気。 抗酸化作用が抜群なので、美容効果もばっちり期待できます。 最近では、飲む美容液として女性に大人気です。 また、味にくせがないので、デザートやお肉料理など幅広い調理に使えます。

この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果

2016年3月13日のこの差って何ですか?で、病気を予防する効果があるオリーブオイルとエゴマ油が紹介されていました。 そして、今注目されている油が「マカダミアナッツオイル」。

ココナッツオイルの使い方&コスメレシピ 美容編~肌・顔・髪

ココナッツオイルの使い方は無限大!肌や髪のケアとして、UVケア、マッサージ、メイク落とし、ヘ…

ココナッツオイルのラウリン酸とケトン体の効果・効能とは?

ココナッツオイルを摂取することは、美容にとっても健康にとっても効果的ですが、その理由は、ココナッ…

ボタニカルオイルミックス

ピックアップ記事

オメガ6系のオイル

酵水素328選

ビューティーオイル

万能薬&若返りオイルとしてタヒチでは常備!タマヌオイルの効果・効能

タマヌオイルが今、美容家の間で話題の凄いオイルらしい・・・。 美容家の間で話題ということは、美容の効果がすごい!からですよね。 しかも、美容にストイックな道端ジェシカさんがすでに愛用しているというので、ますます気になります。 そんな気になるタマヌオイルの効果や効能をご紹介します。

スーパーフード特集

定番オイル

大人気オイル

  1. インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方
  2. ココナッツオイルは認知症に効果がある?
  3. ココナッツオイルの使い方&コスメレシピ 美容編~肌・顔・髪
PAGE TOP