スーパーフード

【世界一受けたい授業】知らないと損するスーパーフード べスト5

2016年10月15日の世界一受けたい授業は、栄養士が選んだ知らないと損するはるかに栄養価の高い新食材ベスト5!
1位がブロッコリースーパースプラウト、2位がもち麦、3位がスピルリナ、4位がグレープシードオイル、5位がビーツという結果でした。

1位 ブロッコリースーパースプラウト

ブロッコリースーパースプラウト 画像
ブロッコリースーパースプラウトは、ブロッコリーの新芽。
がんの抑制が期待される成分「スルフォラファン」を大量に含んでおり、成熟したブロッコリーの約20倍!

また、うつ病の予防になるということも分かりつつあるそう。

スルフォラファン 画像

栄養士さんのコメント
・新芽はあらゆる栄養がギュットと詰まっている
・スーパーでも手軽に買えるようになってきた

2位 もち麦

もち麦は大麦の一種で、最近ではスーパーでも手に入ります。

最大の特徴は、数ある穀物の中でも食物繊維が多いこと。
穀物の中で食物繊維が多い玄米に比べて、約4倍!

もち麦 画像

白米:もち麦=1:1の割合で混ぜたご飯一膳分で、ごぼう約1本分の食物繊維が摂れます。

もち麦 食物繊維 画像

もち麦の食物繊維は水溶性食物繊維なので、便通を良くする効果があると言われています。
便秘の井上咲楽さんが1週間1日3食もち麦を食べたところ・・4日目からは毎日排便がありました。

3位 スピルリナ

スピルリナ 画像
スピルリナは、アフリカの湖などに自生する藻の一種。
なんと言ってもスゴイのが、たんぱく質の含有量!
たんぱく質が多い「ささ身」が27%に対し、スピルリナは70%。

栄養士さんのコメント
・たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルも全て含んでおり、今後家庭に広がるかも・・・
・スムージーにして飲んだり、熱に強いのでパンケーキに混ぜ込んでもOK!栄養素は壊れません

人体では作り出せない必須アミノ酸は9種類ありますが、スピルリナはこの全てを含むスーパーフードなのです。

9種類の必須アミノ酸
トリプトファン、ロイシン、リジン、バリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、メチオニン、フェニルアラニン

4位 グレープシードオイル

グレープシードオイルは、ぶどうの種を搾ったオイルで、とても飲みやすいのが特徴。
ビタミンEの含有量は、オリーブオイルの約4倍。
グレープシードオイル

ビタミンEの強力な抗酸化作用により、老化の進行を遅らせるなどの効果が期待できます。

栄養士さんのコメント
・オリーブオイルより癖がない
・必須脂肪酸が多い

飲む量はスプーン1杯程度がベスト。
直接飲むことで老廃物が排出され、お肌にも良い。
栄養素の吸収率が上がるので、野菜に直接かけて食べるのもオススメ。
トマトにかけると「リコピン」の吸収率がアップします。

5位 ビーツ

ビーツ 画像
ビーツとは、地中海沿岸原産の真っ赤な野菜で、ほうれん草の仲間です。
ビーツの効果として特に注目されているのが「高血圧予防」

ビーツに豊富に含まれる硝酸塩(しょうさんえん)という成分は、体内で一酸化っち素に変わります。
一酸化ちっ素には血管を広げる作用があるので、血液の流れが良くなり、血圧を下げる働きがあります。

栄養士さんのコメント
・貧血で悩む女性が多い中、鉄分補給できる飲む輸血
・疲労回復や美肌にも効果あり

ビーツジュースを飲んで1時間後に血圧を測定したところ・・・
ビーツ摂取前は、最高:152、最低:99だったのが、ビーツ摂取後は、最高:141、最低:93に下がりました。

ビーツ 血圧

ビーツジュース

ビーツ ジュース 画像
●材料
・ビーツ・・・100g
・バナナ・・・1/2本
・レモン汁・・・15cc
・水・・・150cc

全ての材料をミキサーで撹拌させたら出来上がり!

ワイルドライス

肌荒れ予防になるビタミンB2の含有量は、玄米の約7倍!

ワイルドライス 画像

ワイルドライスは「マコモ」という植物の種。
茹でたワイルドライスをサラダにトッピングすれば、効率的に栄養価がアップします。

ワイルドライスワイルドライス

チャーガ(幻のキノコ)

チャーガ 画像
老化やガンの原因となる活性酸素の働きを抑える「抗酸化作用」が強く、チャーガの抗酸化力はレモンなどのビタミンCと比べて約2倍!
このままでは食べられないので、煮出してお茶にして飲みます。

チャーガは、ロシアや北海道などの寒い地域の白樺(しらかば)に寄生し、キノコの中でも特に免疫力を高める作用の強い「β-グルカン」が多く含まれています。
生活習慣病の予防に役立ちます。

世界一受けたい授業 新食材チャーガ 画像

関連記事

  1. 【めざましテレビ】野菜 ビーツの健康レシピ~餃子・ガレット
  2. 【あさイチ】夢の3シェフNEO!スーパーフード 野菜「ビーツ」の…
  3. 野菜のビーツは栄養素が豊富なスーパーフード!効果&効能もスゴイ!…

おすすめ記事

インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方

インカインチオイルは、南米のアマゾンの熱帯雨林に育つインカインチの緑色の種子から抽出されたオメガ3系…

アボカドオイルは飲む美容液!健康・ダイエットにも効く効果・効能

アボカドオイルはミネラルやファイトケミカルが豊富で、女性ファンが多いアボカドの豊富な栄養素を効率的に摂取できるオイルとして人気。 抗酸化作用が抜群なので、美容効果もばっちり期待できます。 最近では、飲む美容液として女性に大人気です。 また、味にくせがないので、デザートやお肉料理など幅広い調理に使えます。

この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果

2016年3月13日のこの差って何ですか?で、病気を予防する効果があるオリーブオイルとエゴマ油が紹介されていました。 そして、今注目されている油が「マカダミアナッツオイル」。

ココナッツオイルの使い方&コスメレシピ 美容編~肌・顔・髪

ココナッツオイルの使い方は無限大!肌や髪のケアとして、UVケア、マッサージ、メイク落とし、ヘ…

ココナッツオイルのラウリン酸とケトン体の効果・効能とは?

ココナッツオイルを摂取することは、美容にとっても健康にとっても効果的ですが、その理由は、ココナッ…

ボタニカルオイルミックス

ピックアップ記事

オメガ6系のオイル

マジカルスムージー

ビューティーオイル

万能薬&若返りオイルとしてタヒチでは常備!タマヌオイルの効果・効能

タマヌオイルが今、美容家の間で話題の凄いオイルらしい・・・。 美容家の間で話題ということは、美容の効果がすごい!からですよね。 しかも、美容にストイックな道端ジェシカさんがすでに愛用しているというので、ますます気になります。 そんな気になるタマヌオイルの効果や効能をご紹介します。

スーパーフード特集

定番オイル

大人気オイル

  1. この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果
  2. ココナッツオイルのラウリン酸とケトン体の効果・効能とは?
  3. インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方
PAGE TOP