スーパーフード

【林修の今でしょ講座】スーパーフードのメリット&デメリット~マヌカハニー・アサイー・チアシード

2016年4月19日放送の林修先生の今でしょ講座は、スーパーフードと言われるチアシード・マヌカハニー・アサイーの医学的メリット・デメリット。
教えてくれたのは、食と医学のプロフェッショナル、カラダクリニック銀座の内科医、関由佳先生。

チアシード

中南米などで古くから食べられているチアシードは、チアという植物の種子。

林修の今でしょ講座 スーパーフード

メリット
オメガ3系脂肪酸が豊富。
チアシードに含まれるα-リノレン酸が体内でEPA・DHA(魚に含まれる油)に変化して、炎症を抑えてくれる成分を作り出し、動脈硬化を予防。
現代人は、魚を食べる量が少なくなり、オメガ3系の油を摂る機会も少なく、炎症を起こすオメガ6系(サラダ油など)の油を摂りすぎてしまう傾向にあります。

デメリット
大量に食べるとカロリーの摂り過ぎになる。
チアシード100gでご飯約2杯分のカロリーになります。
オメガ3系脂肪酸の摂取基準は、1日大さじ1程度(チアシード約10g)。

林修の今でしょ講座 スーパーフード

チアシードの食べ方
「スープに入れる」のは、医学的にNGな食べ方。
α-リノレン酸は熱に弱いため、加熱するとα-リノレン酸を損なう恐れがあります。

チアシードの医学的に正しい食べ方は、「すってドレッシングに入れる」。

林修の今でしょ講座 スーパーフード

チアシードは種なので、すり潰すことによって種の中の栄養分が吸収しやすくなります。
ドレッシングに入れる理由は・・・
野菜に含まれるβカロテンやビタミンE・Kは、脂溶性のため、油と一緒に摂ると吸収率がアプするため。
茹でたほうれん草や温野菜のドレッシングとしてかけて食べるのがオススメ。

林修の今でしょ講座 スーパーフード

●チアシードドレッシングの材料
・ドレッシング(普段使っているもの)・・・大さじ1
・すったチアシード・・・小さじ1

ジュレ状のチアシードドレッシングの出来上がり!

林修の今でしょ講座 スーパーフード

マヌカハニー

マヌカハニーとは、主にニュージーランドやオーストラリアに生息するマヌカという植物の花の蜜が原料のハチミツ。

林修の今でしょ講座 スーパーフード

メリット
マヌカハニーには、抗菌作用を持つ成分「メチルグリオキサール」が豊富に含まれている。

デメリット
糖分を摂りすぎると血糖値の上昇に繋がるので、高血圧や血管疾患を引き起こす一因になるので、摂り過ぎに注意。
1日の適量は、ティースプーン2~3杯

マヌカハニーの食べ方
食後の満腹状態だと抗菌作用が弱まるため、「食後の飲み物に入れる」のは、医学的にNGな食べ方。

マヌカハニーの医学的に正しい食べ方は、「空腹時に直接なめる」。
マヌカハニーの抗菌成分は、胃に食べ物が入ってない方が胃の粘膜の隅々にまで届きやすいため。

アサイー

アサイーとは、赤道直下のアマゾン川流域で育つヤシ科の植物で、紫外線に対抗するためいろんな栄養素を蓄えています。

アサイーには抗酸化物質が豊富に含まれています。
この抗酸化物質が活性酸素を除去し、細胞の老化を防いでくれます。

林修の今でしょ講座 スーパーフード

メリット
アサイーには、女性に必要な栄養素「鉄分」が豊富に作られています。
肌を作るコラーゲンは、鉄分がないと作られません。
また、アサイーに含まれるポリフェノールは、鉄分の吸収を良くする働きがあります。

デメリット
鉄分が豊富なアサイーは、肝機能が低下している人が摂り過ぎると肝機能障害を引き起こす恐れがあります。

マヌカハニーの食べ方
一緒に摂るとアサイーの鉄分を逃してしまう飲み物が「コーヒー」。
コーヒーに含まれる成分「タンニン」が鉄分の吸収を阻害してしまうためです。
また、緑茶や紅茶にもタンニンを多く含んでいます。
コーヒーや緑茶などを飲む目安は、アサイーを食べてから30分~1時間後

イチゴと甘酒のアサイースムージーがオススメ。
イチゴのビタミンCが鉄分の吸収をアップ、甘酒などの発酵食材が腸の善玉菌を増やします。
アサイーは、朝食に摂ると紫外線対策になるとのこと。

おすすめ記事

インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方

インカインチオイルは、南米のアマゾンの熱帯雨林に育つインカインチの緑色の種子から抽出されたオメガ3系…

アボカドオイルは飲む美容液!健康・ダイエットにも効く効果・効能

アボカドオイルはミネラルやファイトケミカルが豊富で、女性ファンが多いアボカドの豊富な栄養素を効率的に摂取できるオイルとして人気。 抗酸化作用が抜群なので、美容効果もばっちり期待できます。 最近では、飲む美容液として女性に大人気です。 また、味にくせがないので、デザートやお肉料理など幅広い調理に使えます。

この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果

2016年3月13日のこの差って何ですか?で、病気を予防する効果があるオリーブオイルとエゴマ油が紹介されていました。 そして、今注目されている油が「マカダミアナッツオイル」。

ココナッツオイルの使い方&コスメレシピ 美容編~肌・顔・髪

ココナッツオイルの使い方は無限大!肌や髪のケアとして、UVケア、マッサージ、メイク落とし、ヘ…

ココナッツオイルのラウリン酸とケトン体の効果・効能とは?

ココナッツオイルを摂取することは、美容にとっても健康にとっても効果的ですが、その理由は、ココナッ…

ビューティボタニカル

ピックアップ記事

オメガ6系のオイル

houbi(宝美)

ビューティーオイル

万能薬&若返りオイルとしてタヒチでは常備!タマヌオイルの効果・効能

タマヌオイルが今、美容家の間で話題の凄いオイルらしい・・・。 美容家の間で話題ということは、美容の効果がすごい!からですよね。 しかも、美容にストイックな道端ジェシカさんがすでに愛用しているというので、ますます気になります。 そんな気になるタマヌオイルの効果や効能をご紹介します。

スーパーフード特集

定番オイル

大人気オイル

  1. インカインチオイル(サチャインチオイル)の効果&効能・オススメの食べ方
  2. アボカドオイルは飲む美容液!健康・ダイエットにも効く効果・効能
  3. この差って何ですか?オリーブオイル・エゴマ油・マカダミアナッツオイルの効果
PAGE TOP